ここ最近では、ラスベガスにある映画館の人気が高まっているのは間違いありません。ラスベガスの人は心から映画館を愛しているのです。バーチャルな世界が浸透しているこのデジタル時代にあっても、なお映画館の人気が根強いのにはたくさんの理由があり、映画館で鑑賞する方を好む人はいまだ多数存在するのです。とはいえ、人の好みはさまざまですから、映画館が嫌いな人がいることも否定できませんが。

映画館においても、長所と短所があるのは間違いありません。しかし少なくとも、この記事を読んで下さっている方は、全員が映画ファンなのではないでしょうか(違っていればすみません)。ひょっとして、これから映画館に行こうと思っている方でしょうか。もしあなたの答えがYESであれば、訪れる前に映画館の長所と短所を一度考えてみましょう。映画館が好きな人もいれば、そうでない人もいるのですからね。

先述したとおり、デジタル時代になっても、映画館が人気を博しているのには様々な理由があります。あなたは映画を観るなら映画館派ですか?それとも、映画館以外での鑑賞を楽しむ派ですか?どちら派であっても、この答えは意見が分かれるでしょう。もしあなたが完全な映画館派であり、逆に友人が映画館嫌いで、その理由が分からないという場合、映画館のメリットとデメリットをそれぞれ挙げて、考えてみましょう。

映画館の短所を大目に見ることができ、長所をより愛する人は、完全に映画館派でしょう。逆に、映画館の短所にばかり目が行き、長所を見落としている人は、映画館で鑑賞することに我慢できません。実際のところ、映画館の人気が高まっている理由はただ1つではなく、複数の理由があります。いずれにしても、映画館が人気であることに間違いはありません。男女問わず映画館は大人気なのですから、映画館は男子のもので、女子は関係ないということにはなり得ません。

現代においても映画館が人気を博している理由を理解すれば、賢明な判断ができるようになります。当然ながら、映画館が嫌いな人に好きになってもらう”治療法”が存在するわけではありません。例えば、アイスクリームが嫌いな人がいたとしても、それはアイスクリームが悪いものだという意味ではありません。映画館を好まない人についても同じことがいえるのです。

映画館が嫌いな人には相応の理由があり、逆に映画館が好きな人にも独自の理由があります。その結果、「蓼食う虫も好きずき」といえるでしょう。もしあなたが映画ファンであるなら、おすすめ映画館トップ10が気になるかもしれませんが、このランキングは私の偏見に基づいているため、意見が分かれるかもしれません。では早速、米ラスベガスで絶対行くべき映画館ランキングをご紹介していきましょう!

  1. リーガル・ダウンタウン・サマーリン5
  2. AMC レインボー・プロムナード10
  3. AMCタウン・スクエア18
  4. ザ・ドーム・アット・コンテナー・パーク
  5. リーガル・レッドロック・スタジアム16&IMAX
  6. センチュリー18サムズタウン
  7. エクリプス・シアターズ
  8. ブレンデン・シアターズ
  9. センチュリー・オーリンズ18
  10. センチュリー16サウスポイント