スタッフ・キャストによるイスラエル・パレスチナ滞在記

土曜の昼は、みんなで食事!

hiruhiru.JPG

イスラエルでは、土曜が休み。
私たちが滞在していた町は、イスラム教徒の町なので、
イスラム教本来なら木金と休むのが正しいのでしょうが、
ま、当然、行政にあわせてみんな金土と休んでいるわけです。

だから、みんな休みとなる土曜日は、家族が集まって朝から料理を作ります。
普段よりも手間のかかった本格的なパレスチナの料理です!
上の写真は、ある土曜日の様子。料理にはしゃいでいるのが奥にいる私。

こうした家庭料理は、基本的にレストランにありません。
だいたいレストランは、メゼ色々と肉と相場が決まっています。
メゼは、作り置きできるし、肉は、焼けばいいわけですからね。
でも、家庭料理にあるシチューや炊き込みご飯などは、手間がかかるためか
レストランで見かけたことがない。

dwali.JPG
hiruuma.JPG
moroheiya.JPG
nikuu.JPG

こうした料理というのは、
何代も家族が伝えてきた伝統のレシピがあるんだと思います。
もちろん料理の得意な人、そうでない人などもいるわけで、
家族の中でもそんな情報は、行き交います。
「明日の土曜は、XXさん家で食事があるから、絶対行かなきゃ!」
そんな話が出てきたりするので、そんな時は、
多くの親族縁者がXX家に行くわけです。

主演のアクラムは、テラーウィという家系なのですが、
その親族には、多くの料理の腕の立つものがました。
そんなテラーウィ家の料理を映画のオープニングで見ることが出来ます。
スバル購入のパーティーに映っている多くの料理は、業者ではなく、
アクラムの本当の家族達が心を込めて作った家庭料理なのです!